自転車の事故でも、高額の賠償の場合が?

30秒でわかる!

自転車事故による死亡事故の賠償金額が1億近くに及ぶことも

自転車事故の賠償金額が1億近くに及ぶことも

自転車で死亡事故があるなんて想像がつかないと思われるかもしれませんが、スポーツタイプや電動アシスト自転車などは思わぬスピードが出ることもありますので、自転車の運転は十分に注意が必要です。前方不注意の状態で歩行者にぶつかってしまった場合、重大な事故になることが予想されますよね。

自転車の事故でも、死亡・重傷事故を起こしてしまった場合、非常に高額な賠償金が請求されることも珍しくありません。2013年には神戸地裁で9,520万円の賠償判決が出ました。その5年前の2008年には、東京地裁で9,266万円の賠償判決が出ています。自転車事故の賠償で、自己破産する場合も現実的にありえることなのです。

神戸地裁のケースは、事故を起こしたのは11歳の男子小学生でした。夜、自転車で帰宅途中に歩行中の女性(62歳)と正面衝突し、頭蓋骨骨折などの重傷を負わせてしまいました。女性は意識が戻らず、高額な賠償金を保護者である親に課されました。
このような事例を考えますと、自転車保険の加入などで万一の場合に備えることは、大きな安心になると考えられます。

サイクル保険の詳細はこちら

この記事を読んだ方にオススメ