海外旅行保険ってどんな保険?保険の種類や加入の方法について

快適に海外旅行を楽しむためには、海外旅行保険の特徴についてしっかりと押さえたうえで、加入しておくことが大切です。しかし、「海外旅行保険がどのような保険なのか今一つわからない」という方は多いのではないでしょうか。今回は、海外旅行保険の種類や補償内容などについて見ていきましょう。

海外旅行保険ってどんな保険?

「高額のカメラを破損させてしまった」「マリンスポーツでけがをしてしまい、治療費が予想以上にかかった」という海外旅行中のエピソードを聞いたことはありませんか。

海外旅行保険とは、上記のような海外旅行中に起きたアクシデントによる経済的な負担をカバーする保険です。それでは、補償内容について、詳しくみていきましょう。

旅行先での病気やケガの補償

旅行先で病気やケガをしたときに、治療費や入院費などを受け取れます。保険商品によっては、病気やケガをした時点で一時金を受け取ることが可能です。慣れない海外旅行では、病気やケガをしてしまうこともあります。しっかり備えておくことで、安心してアクティビティを楽しむなど海外旅行を存分に満喫することができるでしょう。

旅行先で他人や他人の物を傷つけたときの賠償責任補償

旅行先で、他人にケガをさせたり、他人の物を傷つけた際に発生した賠償金や弁済金を補えます。人とぶつかって転倒させたり、子どもが店の物をうっかり壊してしまったりするなど、さまざまなパターンが考えられるでしょう。どのような事故で他人や他人の物を傷つけてしまうか予想がつかないため、個人賠償責任保険でしっかりと備えておくことが大切です。

海外旅行中に起きた盗難や携行品の故障に対する補償

海外旅行では、盗難にあったり携行品が故障したりする場合があります。盗難については日本人がターゲットにされる場合もあるため、海外旅行が台なしにならないように備えておきたいものです。また、携行品が故障すると現地で購入が必要になり、旅行中に予想外の出費が生じる場合もあります。そういった場合に備えて保険を選ぶことも重要です。

海外旅行保険の種類

海外旅行保険には、大きく分けると「保険会社が取り扱う海外旅行保険」「クレジットカードに付帯されている海外旅行保険」といった2種類があります。それぞれの特徴を詳しくみていきましょう。

①保険会社の海外旅行保険

保険会社が販売している海外旅行でのトラブルに特化した保険商品のことです。次のような特徴があります。

補償や付帯サービスが充実している

クレジットカード付帯の海外旅行保険よりも、補償や付帯サービスが充実している傾向があります。例えば、病気やケガをしたときの保険金額が無制限となるプランが準備されていたり、他人や他人の物を壊したときの保険金額の上限がクレジットカード付帯の海外旅行保険よりも高額に設定されていたりと、大きなトラブルにも対応できることが特徴です。

さらに、24時間365日体制で日本語による窓口対応が可能となっていることが多いため、言葉が通じないことで困る心配がありません。そのほか、盗難に遭ったパスポートやクレジットカードの再発行に必要な手続きのサポートや医療機関の紹介、宿泊施設の手配、弁護士の紹介などさまざまな充実したサービスが付帯しています。

旅行期間には注意が必要

保険会社の海外旅行保険は、あらかじめ設定した旅行期間のみ補償の対象となります。ただし、旅行で利用する交通機関の欠航や運休が原因で帰宅が遅延し、初めに定めていた保険期間が終了するという場合は、期間が自動延長されます。

②クレジットカード付帯の海外旅行保険

クレジットカード付帯の海外旅行保険とは、クレジットカードに最初から付帯されているタイプの海外旅行保険です。次のような特徴があります。

申し込みの手続きが不要で手軽

クレジットカード付帯の海外旅行保険は、海外旅行に行くたびに申し込みの手続きをする必要がありません。回数制限も設けられておらず、何回も海外旅行に行く方にも対応可能です。ただし、クレジットカードの種類によって、海外旅行保険が「自動付帯」されているものと、海外旅行代金の支払いにクレジットカードを使った時に保険が適用になる「利用付帯」とに分かれます。自分の持っているクレジットカードがどちらに当てはまるかを事前に確認しておきましょう。

また、補償期間は1回の旅行につき90日間で定められていることが多く、長期の海外旅行に行く方でも問題なく利用できます。

カード会社によって補償額、補償範囲、条件が異なるため要確認すること

クレジットカード付帯の海外旅行保険は、保険会社の海外旅行保険よりも補償額が低い傾向があります。カードの種類によっては病気やケガのときの保険金額上限が50万~200万円程度となっているものもあり、場合によっては保険金だけでは治療費や入院費をまかなうことができません。

また、カード会社によって補償額や補償範囲、適用条件などが異なるため、事前に確認しておくことが大切です。

>>クレジットカード付帯の詳細は「海外旅行保険はクレジットカードにドコモの海外旅行保険を加えてしっかり補償!」をご覧ください

海外旅行保険に加入するにはどんな方法があるの?

海外旅行保険に加入する方法と、それぞれのメリットとデメリットについて詳しくみていきましょう。

①ネットから申し込む

インターネット経由で保険会社のサイトから直接申し込む方法があります。メリットとデメリットは次の通りです。

●メリット

24時間いつでも申し込める

インターネット経由であれば、営業時間に店舗で加入手続きをする必要がないため、手軽に加入できることがメリットです。また、店舗で色々と説明を受けた結果、その場で自分に合わない保険に加入してしまった…という心配もありません。自分でじっくり考えたうえで、目当ての保険商品に申し込むことができます。

保険料を抑えられる

インターネット経由であれば、保険会社が人件費を抑えられるため、保険料が安くなる傾向があります。同じ補償内容であれば、保険料はできるだけ抑えたいところでしょう。特に、何度も海外旅行に行く方は、保険料が安いことによるメリットを実感しやすいと考えられます。

●デメリット

支払い方法がクレジットカードに限られる場合が多い

支払い方法がクレジットカード払いに限られる保険商品が多く、クレジットカードをインターネット上で使用したくない方には向きません。また、クレジットカード登録などの手続きの手間がかかります

ただし、「ドコモ 海外旅行保険」であれば、毎月のケータイ料金と一緒に請求されるため、クレジットカードの登録などの手続きが必要ありません。

②旅行会社の店頭で申し込む

旅行会社の店頭では、提携している保険会社の海外旅行保険に申し込むことができます。メリットとデメリットについて、詳しくみていきましょう。

●メリット

海外旅行の手配と一緒に申し込めるため手軽

旅行代理店で海外旅行ツアーの申し込みの際に、一緒に海外旅行保険を申し込むことができるため、手続きが1回で済みます。ホテルや飛行機など、他にもさまざまな申し込みが必要な場合は、できるだけ手続きの回数を減らせることはメリットでしょう。

保険のアドバイスを受けられる

海外旅行の行き先や旅行日数などに合わせて、「どのような保険が適しているか」について面前でアドバイスを受けられる点はメリットです。また、人気の保険などの情報も得られるなど、1人で判断できない方は店舗で申し込む方が向いているかもしれません。

申込間違いを避けることができる

インターネット経由で海外旅行保険を申し込む場合は、個人の情報や補償内容や条件、補償期間などを自分ですべて入力しないといけません。入力間違いが生じた場合は誤った保険内容になる可能性もあります。しかし、店舗であれば担当者に確認してもらいながら申し込みすることができるというメリットがあります。

●デメリット

保険料が高くなりやすい

旅行代理店は、保険の紹介に人件費や手数料がかかるため、保険料が高くなる傾向があります。費用を抑えたい方や頻繁に海外旅行に行く方には向いていないでしょう。

その場での申し込みができない

海外旅行保険は本人以外の人が申し込みできません(家族契約を除く)。友人が同行する場合、友人の分の海外旅行保険申込書はいったん持ち帰り、本人に申込書を書いてもらうことになる場合があります。事前に旅行代理店に確認しておきましょう。

③空港で申し込む

空港では、カウンターや自動販売機で海外旅行保険を申し込めます。メリットとデメリットは以下のとおりです。

●メリット

出発当日に簡単に申し込める

「出発当日に海外旅行保険の加入手続きをするのは面倒」と感じる方もいるかもしれません。しかし、カウンターや自動販売機で簡単に申し込めるため、旅行の準備に時間がかかる方にはメリットになるでしょう。また、海外旅行保険への加入を忘れていた場合にも空港で直接加入ができます。

●デメリット

自宅から空港間で起きたトラブルは補償の対象外

海外旅行保険は、自宅から空港間までに起きたトラブルも補償の対象となります。しかし、空港で申し込む場合は、自宅から空港間までは海外旅行保険に未加入の状態のため、補償の対象外となることはデメリットといえます。自宅から空港まで数時間も電車を乗り継いだり、長距離バスやタクシーに乗ったりする場合も、トラブルに遭遇する可能性はあるため、万が一の際は補償を受けられません。

購入できる保険商品が限られる

空港で加入できる海外旅行保険は豊富ではあるものの、取り扱っていない保険商品もあります。そのため、インターネット経由や店舗で申し込むほうが自分に合った海外旅行保険に加入できる可能性があるため、細かく保険の内容を精査して加入したい人にとってはデメリットです。

「ドコモ 海外旅行保険」を簡単にご紹介!

ドコモでは、旅行の当日でもケータイで簡単に申し込める海外旅行保険を取り扱っております。「病気やケガをしてしまった!」「店の物をうっかり壊してしまった!」といった場合に充実した補償を受けていただけます。

①補償内容は3つのプランによって異なる

補償内容は、「おてがるプラン」「おすすめプラン」「しっかりプラン」で異なります。わかりやすい3つのプランの中からニーズに合ったものをお選びください。

プラン別補償対応一覧

おてがるプラン おすすめプラン しっかりプラン
傷害死亡保険金
疾病死亡保険金
傷害後遺障害
治療・救援費用保険金
賠償責任保険金
携行品損害保険金

②海外旅行保険の補償範囲

すべてのプランに、「病気やケガの治療に対する補償」「他人にケガをさせたり、他人の物を壊した賠償に対する補償」「盗難や携行品の故障に対する補償」がついています。また、「おすすめプラン」と「しっかりプラン」には、「病気やケガによる死亡に対する補償」と「ケガによる後遺障害に対する補償」がついているなど、補償が充実していることが特徴です。

③付帯するアシスタントサービスの紹介

以下のようなさまざまなアシスタントサービスが付帯されていることも特徴です。

  • ・緊急時の現金の手配
  • ・電話による通訳
  • ・パスポートやクレジットカードの紛失・盗難時のサポート
  • ・空港とホテル間の送迎予約・手配
  • ・病人・ケガ人の緊急移送の手配
  • ・緊急医療相談サービス

安心して海外旅行を楽しめるようにしっかりとサポートしておりますので、是非「ドコモ 海外旅行保険」への加入を検討してみてはいかがでしょうか。

>>「ドコモ 海外旅行保険」の詳細はこちら

海外旅行保険は、安心して旅行を楽しむための保険!

海外旅行保険は、海外旅行を安心して楽しむために必要です。病気やケガをしたとき、他人にケガをさせたり他人の物を傷つけたとき、盗難や携行品の故障にあったときなど、海外旅行で起こり得るさまざまなトラブルに対する補償を受けられます。
また、充実したアシスタントサービスが付帯されている海外旅行保険であれば、さらに安心して海外旅行を満喫できるようになります。旅行の内容や行き先を踏まえたうえで、自分に合った保険を選びましょう。

※本記事は2019年12月1日時点の内容であり、将来の商品改定によっては内容が変更になる可能性がございます。

【監修者】 田尻 広子(たじり ひろこ)

【監修者】
田尻 広子(たじり ひろこ)
2級FP技能士
証券外務員第一種

募集文書番号:19-T05644(2020年1月作成)
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
  • はてなブックマークでシェア

この記事を読んだ方にオススメ