バレエをするふたりの小さい女の子の写真
趣味・レジャー
2020.10.01

バレエにかかる費用は年間20万円超!?子どもに人気の習い事の費用相場3選

目次

子どもの習い事をさせたい。でも費用が気になる……そんな人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、人気の習い事3つにかかる費用の相場をご紹介します。

1年間20万円超えの可能性も!バレエ

バレエは女の子に人気の習い事ですよね。バレエ団主催の本格的なスクールから地元のカルチャースクールまでさまざまです。月謝は教室によっても差がありますが、5,000~1万5,000円が相場のようです。

バレエはお金がかかる習い事、そうイメージする理由は、発表会にあります。大きなホールを貸し切り、演目に合わせた衣装を着用して行うため、参加費や衣装代、先生へのお礼やお花代など、1回の発表会におよそ10万円程度かかるところも少なくないようです。バレエの習い事を検討する際は、発表会の有無や回数などを事前にチェックしておきましょう。

2ピアノを購入すると高額に!ピアノ

ピアノは脳を刺激するということで、男女ともに人気の高い習い事のひとつです。大手の教室か個人経営の教室かによって費用に差があり、大手の教室の方が高い傾向にあります。月謝にも幅がありますが、5000~1万円程度が相場のようです。

別途施設費や教材費がかかることもあるでしょう。ピアノの発表会の場合、月謝とは別に1万円程度費用が発生し、合わせてフォーマルな衣装が必要になります。自宅にピアノがなくても始めることはできますが、通い続ける場合は購入を検討する家庭も多いようです。電子ピアノでも数十万円と高額のため、数年教室に通って本人のやる気と相談するのがベストでしょう。

3他のスポーツに比べるとリーズナブル?スイミング

スイミングは、運動系の習い事の中でも上位の習い事です。スイミングスクールの月謝は、週1回であれば、4000円~8000円程度、週2回以上の場合は、6000円~1万1000円程度が相場のようです。水着や帽子、ゴーグル、水泳バッグなどは指定のものを購入する場合がほとんどで、初回にまとまった出費が必要となるでしょう。

1度入会したのちは月謝と消耗品の買い替え程度ですが、上達してもっと高みを目指す場合は選手コースに勧誘される可能性もあります。そうなると、試合へのエントリー費や交通費、合宿費などがかかるかもしれません。

4かかる費用を想定した習い事選びを!

気軽に始めてみたものの、思った以上に習い事にお金がかかる……という事態もなきにしもあらず。習い事を始めるその前に、かかる費用をきちんと把握し、家計としっかり相談するようにしましょうね。

文・佐々木佐奈

提供・fuelle

趣味・レジャー