サッカーをする少年の写真
趣味・レジャー
2020.10.12

スポーツ保険は団体で加入できる?スポーツ保険の補償内容や加入方法を解説

目次

スポーツ保険に加入する方法として、団体で加入する方法と個人で加入する方法があります。今回は主に、団体でスポーツ保険に加入する時の補償内容や掛金について詳しく解説します。個人でスポーツ保険に加入する場合と比較したメリット・デメリットも紹介するので、団体か個人か悩んでいる人も参考にしてください。

1スポーツ保険とはいったい何?どんな種類がある?

スポーツ保険と聞いても、あまり馴染みがないと感じる人も多いでしょう。まず、スポーツ保険の定義や種類についてわかりやすく解説します。

“スポーツ活動” をサポートしてくれる保険

スポーツ保険とは、その名の通りスポーツ活動中のケガや病気をサポートしてくれる保険のことです。

スポーツ保険に加入していれば、スポーツ中のケガや病気で入院や手術が必要になったとき、保険金を受け取れます。また、スポーツ中に誤ってものを壊してしまった場合、遭難して救助活動が必要になった場合なども、保険金を受け取れることがあるため安心です。

スポーツ保険の種類は2つ

スポーツ保険には、「団体スポーツ保険」と「個人スポーツ保険」の2種類があります。

団体スポーツ保険とは、活動している団体ごとに加入するスポーツ保険のことです。例えば、チームやサークル、会社の体育会クラブといった“団体”でスポーツ保険に加入します。団体スポーツ保険では、スポーツにかかわる団体以外でも、ボランティア・地域活動団体、文化活動団体など、さまざまな団体が補償対象となります。

個人スポーツ保険とは、個人で加入するスポーツ保険のことです。各保険会社がさまざまな商品を開発しており、補償内容や加入資格もさまざまです。

スポーツ以外に、レジャー中のケガ・病気も補償されるタイプのスポーツ保険もあります。サークル等でスポーツをしているとき以外でも、旅先でケガ・病気になるリスクは意外と高いので、レジャーも補償対象になるタイプの保険だと安心です。

2スポーツ保険が必要な理由

スポーツ保険について知っても、「具体的にどんな危険があるの?」「自分が参加しているスポーツは危険なの?」と疑問に思う人は多いでしょう。公益財団法人スポーツ安全協会が発行する「スポーツ安全協会要覧(2018→2019)」によると、傷害発生率は下記の通りです。

  • ※公益財団法人スポーツ安全協会「スポーツ安全協会要覧(2018→2019)」より筆者作成

パーセンテージでみるとわかりにくいのですが、人数比に直すと下記の通りです。

アメリカンフットボール:約13人に1人
ラグビー:約17人に1人
バスケットボール:約26人に1人
硬式野球:約28人に1人
サッカー:約33人に1人
テニス:約36人に1人

上記のように、意外と高い割合で傷害が発生していることがわかるのではないでしょうか。

また、傷害種別事故発生状況の上位3位は下記の通りです。

  • ※公益財団法人スポーツ安全協会「スポーツ安全協会要覧(2018→2019)」より筆者作成

捻挫や骨折のリスクは、どんなスポーツにもあります。こういった理由から、スポーツ活動やその他の活動を行う多くの団体や個人が、スポーツ保険に加入しています。

3スポーツ保険の補償対象範囲は?

続いては、スポーツ保険の補償対象範囲について、もっとくわしく解説していきます。

スポーツ保険はどのような活動が補償対象?

どのような活動がスポーツ保険の補償対象になるかは、保険商品によって変わります。

例えば、ドコモの「スポーツ・レジャー保険」では、野球、サッカー、テニス、スキー、スノーボード、マラソン、サーフィン、登山用具を必要としないハイキング程度の軽登山等が補償対象となります。加入前に自分の行っている活動が補償対象になるかどうか、十分確認しましょう。

スポーツ保険というとスポーツ活動に限定して考えがちではありますが、ボランティア活動や文化活動も補償対象として含まれているスポーツ保険もあります。

どのようなときにスポーツ保険は適用になるの?

スポーツ保険の保険金がおりるのは、例えば次のようなときです。補償内容は、保険商品によって変わります。

  • スポーツ中のケガや病気で亡くなったとき
  • スポーツ中のケガや病気で後遺障害が発生したとき
  • スポーツ中のケガや病気で入院したとき
  • スポーツ中のケガや病気で手術をしたとき
  • スポーツ中、他人にケガをさせてしまったとき
  • スポーツ中、他人のものを壊してしまったとき
  • スポーツ中、遭難などで、捜索や救助活動をしたとき など

加入できない場合もある?

スポーツ保険の中には、アマチュアのみ加入可能で、プロフェッショナルは加入できない保険があります。また団体スポーツ保険の場合、人数や活動内容などの要件を満たしていなければ、加入することはできません。

4「団体」でスポーツ保険を使う場合の加入方法は?

続いて、団体でスポーツ保険に加入する場合について解説していきます。団体のスポーツ保険で最もポピュラーなのは、公益財団法人スポーツ安全協会が提供する「スポーツ安全保険」です。

団体とは何名以上?活動内容は?

補償対象となるのは、4名以上のアマチュア団体です。活動内容は、スポーツ活動、文化活動、ボランティア活動、地域活動などさまざまです。

団体スポーツ保険の掛け金や補償はどのくらい?

中学生以下の子どもの場合、1人年間800円から加入できます。個人練習も補償対象にする場合は年間1,450円です。高校生以上の大人の場合、スポーツ活動では年間1,850円から加入できます。

活動中の事故による死亡、入院、手術等が補償対象となります。また、他人にけがをさせた場合や、他人のものを壊した場合も保険金を受け取れます。補償金額は加入者区分によって変わり、死亡の場合は100万円~2,100万円、入院の場合1日につき1,000円から5,000円です。

5「個人」でスポーツ保険を使う場合は?

団体スポーツ保険は、割安な掛金で一定の補償が得られる一方で、自分の活動に合わせて補償内容を選べないといったデメリットもあります。また、団体スポーツ保険は団体ごとに加入するため、複数の団体に加入している場合、それぞれ掛金を納めなければなりません。

このような悩みは、個人のスポーツ保険で解決できます。

個人のスポーツ保険に関しては、各保険会社がさまざまな保険商品を用意しています。そのため、自分の活動内容に合わせた補償内容のスポーツ保険を選べます。例えば、前述のドコモの「スポーツ・レジャー保険」では1泊2日で1人300円から加入でき、スポーツ以外にレジャー中の事故にも対応しています。

また、家族全員で月額1,000円程度から加入できるスポーツ保険などもあります。このようなタイプのスポーツ保険に加入すれば、さらに安心でしょう。

6「団体」と「個人」のスポーツ保険の違い

ここでは、団体のスポーツ保険と個人のスポーツ保険の違いを表にまとめました。

保険商品を選ぶのが面倒ですぐに手続きをしたい人や、1つの団体にしか所属していない人、団体活動中以外はあまりケガや病気の心配がない人は、団体のスポーツ保険が適しているでしょう。

一方、自分の活動に合わせてピッタリの補償内容や掛金を選びたい人、複数の団体に所属している人、レジャーなど団体活動中以外の補償も必要だと考える人は、個人のスポーツ保険が適しています。

団体 個人
加入できる人 団体の構成員 個人、夫婦、家族など、各保険会社によって異なる
補償範囲 加入団体の活動中のケガや病気など スポーツ、レジャーなど特定の活動中のケガや病気など、各保険会社によって異なる
補償内容(例) ・傷害保険
・賠償責任保険
・突然死葬祭費用保険
(団体での活動中に限る)
・死亡・後遺障害保険金
・入院保険金
・手術保険金
・賠償責任保険金
・携行品損害保険金
・救援者費用等保険金
掛金 年齢区分等で決まる 年齢区分の他、補償内容によって変わる
メリット ・割安な掛金で一定の補償を受けられる
・保険商品を比較検討する手間がかからない
・活動に応じてピッタリな補償内容を選べる
・活動によっては、掛金が安くなることがある
デメリット ・加入団体が要件を満たしていないと加入できない
・複数の団体に所属している場合、加入団体ごとに掛金を負担しなければならない
・自分の活動に合ったプランを選べない
保険商品を比較検討する必要がある

7道具の破損、スポーツ保険では何が補償対象になる?

前述したようにスポーツ保険には、ケガだけでなく携行品への補償があるものもあります。では、“スポーツ中の携行品”とはどのようなものが補償対象なのでしょうか?

例えば、ドコモの「スポーツ・レジャー保険」では、サーフボードやスキー板などの破損も補償対象となります。サーフボードなどは高額なので、このような補償があると安心ですよね。

どのようなスポーツ用具が補償対象となるかは各保険商品によっても異なります。自分の使っている用具が補償対象かどうか、迷った時は保険会社へ問い合わせをするようにしましょう。

8ドコモの「スポーツ・レジャー保険」でいざという時も安心

いろいろな種類のスポーツ保険がありますが、スポーツの種類や行う頻度、危険度などを考慮して保険を選ぶのが賢い方法です。ドコモの「スポーツ・レジャー保険」なら、「おてがるプラン」「おすすめプラン」「しっかりプラン」の3つのプランがあるため、活動内容の危険度に応じて適したプランを選べます。

表.ドコモ「スポーツ・レジャー保険(おすすめプラン)」
補償内容 適用範囲
死亡・後遺障害保険金 ケガによって死亡、または後遺障害が残った場合
入院保険金・手術保険金 入院や手術のための費用が発生した場合
賠償責任保険金 他人にケガをさせたり他人のものを壊したりした場合、賠償に対する補償
携行品損害保険金 自分の持ち物が壊れたり盗まれたりした場合

また、死亡・入院・手術・賠償責任・携行品損害など必要な補償が一通り揃っており、1泊2日で300円から加入できます。ケータイ・スマホから手続きもできるので、月々のケータイ料金と一緒に請求されるので支払いも便利です。

スポーツに危険はつきものです。スポーツ中に突然ケガをしてしまうと、想像を超える金額の医療費がかかってしまうかもしれません。団体でも個人でも、安心してスポーツを楽しむためにスポーツ保険に加入しましょう。

文・木崎涼(フィナンシャル・プランナー)

プロフィール:フィナンシャル・プランナー。大手税理士法人で多数の資産家の財務コンサルティングを経験。F簿記・M&Aシニアエキスパートの資格も持ちながら、執筆業を中心に幅広く活動している。

20-T02869(2020年10月)

趣味・レジャー